「十四代」 呑み比べ&地鶏の会 報告 2013年1月31日 | かもすや酒店 荏原中延駅前店

かもすや酒店 荏原中延駅前店

利き酒師がいる日本酒専門居酒屋

お友達にかもすや酒店をご紹介ください
東急池上線 荏原中延駅 徒歩10秒 営業時間 月~土17:00~00:00 ※日曜日はイベント営業となります 電話番号 03-6426-2341

「十四代」 呑み比べ&地鶏の会 報告 2013年1月31日

こんにちは。今回は大井町線の荏原中延駅前にある「かもすや酒店」さんで開催された、「十四代 呑み比べ&地鶏の会」のレポートです。 日本酒好きで知らない人はいないという山形県 高木酒造株式会社の「十四代」を呑み比べる会に参加してきました。 今回の会は、フェイスブックで告知されてからあっと言う間に定員に達し、キャンセル待ちも出るほどの人気の会となりました。私のような日本酒初心者が参加していいものか。 19:00過ぎにお店に入ります。すでにお客様の姿がちらほら。 IMG_0006   ウェルカムビールで喉を潤します。 IMG_0002   ずらりと並ぶ十四代の文字。否が応でも期待が膨らみます。 IMG_0004   開宴の時間となり店長さんからの今回の会の説明です。 IMG_0017 続いて、オーナーの豊島氏からのご挨拶。 「十四代のこのラインナップはなかなか揃いません。スタッフが苦労して集めました」   IMG_0020 そしてここで十四代ラインナップのお披露目です。 店内にはどよめきが。おおおぉぉ IMG_0023 ずらりと並ぶ「十四代」 IMG_0028   オーナーの豊島氏の乾杯の音頭でスタートです。「十四代だいすきー!」 IMG_0027 乾杯の十四代 十四代 大吟醸 本生 IMG_0030 ここで、今回の十四代のラインナップの紹介です。
  1. 十四代 大吟醸 中取り
  2. 十四代 大吟醸 本生
  3. 十四代 吟撰 生詰
  4. 十四代 槽だれ 本生 原酒
  5. 十四代 角新本丸 新酒本生
  6. 朝日鷹 本醸造 新酒
  7. 十四代 純米吟醸 中取り 生詰
  8. 十四代 純米吟醸 生詰
  9. 十四代 純米吟醸 中取り 生詰
  10. 十四代 七垂二十貫 純米大吟醸
十四代 9種+朝日鷹 この朝日鷹はほとんど東京には置いていない置いてないお酒だそうです。まさかこれが出るとは思ってなかったと、喜んでるお客さんもいらっしゃいました。 十四代もほとんど入手困難の銘酒ばかり。 特に「大吟醸 中取り」は稀少な銘柄。 どの銘柄も大変美味しくいただきました。主役級の俳優ばかり出ている映画を見ているような、そんな感じです。圧倒されます。呑み比べもなにも、どれも最上級に美味しいので、比べるというよりは「そのわずかな違いをたっぷりと味わう」そんな会でした。   それでは、食事にも定評があるかもすや酒店の今回のコース料理の紹介です。  

お食事

いつも美味しいお食事の紹介です。今回は全てが「メイン」のようなコースでした。

前菜

白魚茶碗蒸し

IMG_0013 中には白子が入っていて濃厚な逸品です。  

地鶏レバーのしぐれ煮

IMG_0033 濃厚なレバーが生姜とベストマッチ。  

あん肝の大根ステーキ ポン酢だしあん

IMG_0039 日本酒にあん肝。定番です。  

カキの木野子味噌焼き

IMG_0050    

お造り

蛍烏賊と鶏刺し 酢味噌

IMG_0054

焼き物

ホタテの殻焼き 空豆の木の芽ソース

IMG_0066  

揚げ物

地鶏塩麹揚げと鰆の味噌マヨ焼き

  IMG_0072

鶏団子と鶏もものそば

IMG_0076 どれも美味しゅうございました。 ごちそうさまでした。   さて、そろそろお開きです。最後にオーナーからの〆のご挨拶。 「量は多くはありませんが、たくさんの種類を呑み比べいただいたと思います。まだ飲み足りない方は、他のお酒もありますので、お時間の許す限りどうぞ召し上がってください。 IMG_0081   最後は店長の三本締めです。「よぉー!」 IMG_0087 ごちそうさまでした! さて、電車の時間があるので帰る人もいましたが、宴はまだまだ続きます。 スタッフの鍛治さんの回りに皆さんが集まり、立ち飲み形式でい他のいろいろなお酒を呑み比べています。 「こんな贅沢な立ち飲みはないぞ」お客さんがそんなことを言ってました。楽しそう。 IMG_0091   「お燗にすると美味しいのはこちらです」「おおー」 IMG_0089   フードアナリストの 速視広路さんもいらっしゃっておりました。オーナーとのツーショット。便乗して写真を撮らせていただきました。 IMG_0093   IMG_0031 オーナー豊島氏 IMG_0098 ありがとうございました。   取材:磯野まぐろ

« »